シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型のプレス機を1台増設しました。

仕上がりの品質向上のためプレス機を増設しました。

最近のことですが、お持ち込みのMA-1に転写プレスして納品したところお客さんに転写位置の曲がりが起きてることやプリントのセンターがズレていることなどを指摘されて収めた商品を全数返品されてしまいました。プレス作業については効率重視でプリントの配置についてはミリ単位での精度までは追及していませんでした。今回はそれ以上のズレがあるとのことでしたが、一般的なアパレル製品の仕上がり誤差が2センチ程度というメーカーが多い中プレス位置のズレについても多少のズレは起こりうるものという考えがあったことは事実です。

今回お客さんにだいぶ厳しい指摘を受けたのでプレス機とプレス位置のガイドになるレーザーポインターを導入してみました。思えば転写プリントをはじめた27年前と現在ではお客さんの考え方が変化するのも当然だし、工場としては現在のユーザーの価値観に合わせた仕上がりにしないと商品として認めてもらえないのだからこのような措置は当たり前のことなのだと思います。今後転写加工についてはより美しい製品に仕上がるようになります。また、うちでプリントの注文をされて何か気付いたことがあったら是非担当者へご連絡ください。1個ずつ改善することでよりよい製品を提供できるようになるのだと思います。

今後ともADPをよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする