エー・ディー・ピーのSDGsへの取り組み

株式会社エー・ディー・ピーのSDGsへの取り組み

わたくしたち株式会社エー・ディー・ピーは、
SDGs【Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)】
の実現に向けて、まずはメインのプリント事業においてできることから優先的に取り組んでまいります。

具体的取り組み事例

1)「エコパスポート」認証インクを採用

Tシャツなどの繊維製品へのプリントを扱う中で、着色するときの染料や顔料、多くの機能性を持たせるための薬剤など、生産する上で欠かせない化学薬剤は多岐にわたりますが、それらが有害な成分を含んでいないことを証明するのが、「エコパスポート」認証です。
(欧州のREACH規則などにも対応する世界最高水準の安全性が第三者機関によって証明される、自社レベルでの安全証明であるSDSより一歩進んだ認証です。)

エー・ディー・ピーではSDGsへの取り組みに入口として、わたくしたちが普段身近に接するプリント用インクを、「エコパスポート」認証のインクを採用することでサステイナブルな社会に貢献してまいります。

種別 対応状況
昇華転写/インクジェット
(エプソン)
「UltraChromeDGインク」(昇華転写)「UltraChromeDGインクおよび前処理剤」(EPSON) エコパスポート認証インク。
濃色インクジェット
(コーニット)
「CMYK Eco-Rapid NeoPigmentインク」 エコパスポート認証インク。

エコパスポート認証インク

2)その他化学物質・有害物質の適切な取り扱い

弊社では、化学物質の安全性に関する情報伝達のためMSDS(化学物質安全データシート)により管理しています。以下各メーカーによるプリント用インク・転写シートのMSDSを各種取りそろえておりますのでお問い合わせください。

  • 昇華転写プリント用インク
  • インクジェットプリント用インク
  • 転写シート
  • シルクスクリーンプリント用インク
種別 対応状況
MSDS
(化学物質安全データシート)
自然環境や社員の働く環境に配慮した、化学物質・有害物質の取り扱いに関するデータの開示。
MSDSに基づく化学物質・有害物質の正しい管理体制。

MSDS(Material Safety Data Sheet)とは、化学物質の危険有害性情報を記載した文書のこと

3)「バイオプラスチック梱包袋」を採用

バイオプラスチックとは、再生可能なバイオマス(植物由来)資源を原料に、化学的または生物学的に合成することで得られるプラスチックのことを指します。
それを焼却処分した場合でも、バイオマスのもつカーボンニュートラル性から、大気中のCO2の濃度を上昇させないという特徴があります。これにより、地球温暖化の防止や化石資源への依存度低減にも貢献することが期待されています。

エー・ディー・ピーではSDGsへの取り組みにとして、お客様の商品であるTシャツ等を入れる梱包袋を、再生可能資源である植物由来(バイオマス)樹脂を有効活用したバイオポリプロピレン(PP)袋に替えることで、品質は従来と変わらず

  1. カーボンニュートラルによるCO2の削減
  2. 枯渇資源の保全

に貢献できると考えます。

日本のプラスチック廃棄処理方法は焼却がメインとなるため、水や土の微生物による生分解樹脂よりも、植物性(バイオマス)樹脂のCO2削減効果の方が環境配慮としてはより有効的と考えられています。

種別 対応状況
バイオマス(植物由来)
梱包袋
生分解性プラスチックの梱包袋を使用。廃棄後のCO2削減効果あり。


今後も事業の各場面において、SDGsに向けて継続的に「できること」を少しずつ増やしていく考えです。



株式会社エー・ディー・ピー プリント事業部

[本社・亀沢工場]
〒130-0014 東京都墨田区亀沢2-15-9 第一はすめビル
電話:03-6456-1693 FAX:03-6456-1692
本社・北斎通りファクトリー アクセス

[三郷工場]
〒341-0034
埼玉県三郷市新和5-122-4
三郷工場アクセス
※三郷工場に訪問希望の方は上記本社・北斎通りファクトリーへご連絡ください。

営業時間:9:00~18:00(月~金)
営業時間外:090-4002-7327(担当:三ッ井)
※土日祝日はお休みです。お問い合わせ、ご注文などの返信は翌営業日となります。お急ぎの場合は上記営業時間外担当へおかけください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする