シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

縫い目またぐプリント

パーカーのフードに縫い目をまたぐプリント

写真のように1色プリントの場合はシルクスクリーン印刷かカッティングになりますが、どちらの方法を選択するかはプリントの位置や数量によります。
今回はカッティングでした。このような配置の場合は作業としてはカッティングのほうが難易度は低いです。
また、縫い目上でもきれいにできてます。ただ、カッティングの場合はシートを貼りつけているので、
縫い目上ではシートが浮いている可能性もあります。強めにプレスして転写の表面に生地目がしっかり出ているのを確認はしてますが、
使用を繰り返すうちに縫い目付近から破損してくる可能性は否定できないです。でも1シーズンで剥がれることはないと思います。
数量が多くなった場合はシルクスクリーンです。シルクの場合は技術が必要です。ADPは縫い目上のプリントも普段からやってますので、
他の工場よりはきれいな仕上がりでできます。フードのプリントを断られることも多いと思いますが、お困りの方はADPに一度ご相談ください。