シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひび割れプリント実例

sil_144

ひび割れ具合をより強調するには


今回はひび割れをより強調するためにひび割れプリントの下に通常のプリントをやってみました。
割れ目から下のインクが見えればより割れた感じがアップします。
今回はテスト的に下地のインクをラバーと染み込みでテストしてみました。
下の2枚の写真のうち上の写真は下地がラバーインクのものです。
下の写真は下地のプリントが染み込みインクを使用したものです。どちらもプリント後3回ほど水洗いしました。
ちなみにこのページの一番上にある写真はプリント直後のウォッシュ前の写真です。
写真ではあまり変化が無いようにも見えますが下地が染み込みインクのほうが割れた感じが強調されています。
今回は下地のインクを黒にしましたが赤などにしても面白かったかもしれないですよね。
sil_145
sil_146
お客さんの多くはデザインにノイズをかけて最初から激しくかすれたような仕上がりを求める方が多いですが、プリント屋としてはあまりおすすめできないです。
普通のTシャツを使用するとプリントだけがくたびれた感じでTシャツが新品になってしまいバランスが悪くわざとらしい仕上がりになってしまうからです。
ビンテージプリントは使用するごとにプリントが劣化するその劣化のスピードが通常のプリントよりもはるかに早いというものです。
使い込むごとにプリントが中古っぽくなっていく過程を楽しんでいただきたいです。
http://print-ya.com/?p=3060