シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転写でTシャツの裾や肩のギリギリまでプリント

p&c_012
p&c_014

裾ギリギリのプリント

一見生地からはみ出したような仕上がりに見えますが実は裾ギリギリで止めています。
とても面白いデザインですよね。
上の方もやっぱりギリギリまでプリントしてます。
p&c_011
p&c_013
p&c_015
プリント箇所も色数も多くなってしまいますので、シルク印刷だと版数が多くなりとても高価なTシャツになりますが、
転写でやると比較的リーズナブルです。
こんなデザインでは他社では断られることがほとんどだと思います。が、ADPは転写部門にも経験豊かなオペレーターがそろっているのでこのようなご注文でも大丈夫です。
転写の材料もこだわって仕入れてるので裾の縫い目上でも結構なじんだ感じでプレスできました。
これは背中面なんですが、前側はワンポイントでおとなしめのデザインでした。
http://print-ya.com/?p=2896